ホーム>理数科トップページ

おもな理数科の行事
 SSHのページは理数科の情報が満載です。是非みてください。



理数科ナビ





 

理数科の活動は,SSHのページへ!!→

卒業生からのメッセージ

  理数科の魅力は何といってもSSH(スーパーサイエンスハイスクール)だと思います。3年間講義や実験,あるいは研究のまとめや発表などのさまざまな活動を通じて,科学的な考え方や発表をする力などが身に付いたのはもちろんのこと,自分の興味がある分野を発見することができ,将来の進路を考える上でよいきっかけになりました。また,大学のAO入試を受験した際には,面接でSSHに関することが多く聞かれたので,自信をもって答えることができ,合格することができました。このほかにも理数科は,化学や物理などの学習を普通科よりも早く始めることができたり,3年間クラス替えがないので,みんなすごく仲良くなれたりと,よいところがたくさんあります。理系に興味がある人は是非理数科を考えてはどうでしょうか!

全国SSH発表会
全国SSH発表会
体育大会
SSH全国発表会の様子
体育大会パフォーマンス


宇部高校理数科はこのような学科です

山口大学工学部でSSHT 宇部高校理数科は,自然科学に興味・関心をもつみなさんが,自然科学に関する内容をより深く学習し, それらの事象を科学的に考察・処理する能力を高め, 探究的な態度を養うことを目標にしています。これまでの知識習得中心の学習から, より実践的な学習方法を取り入れて,自ら問題を見つけ解決していく力, すなわち「学び方を学ぶ」ことを目指しています。

 本校は, 平成19年度文部科学省から「スーパーサイエンスハイスクール(SSH) 」校に指定されました。 平成23年度までの5年間は、「地域教育資源としての大学や企業等と連携し, 体験的・問題解決的な学習プログラムを実施することにより, < 人間力> としての科学的倫理観や国際性をもつ科学技術系人材を育成する」という研究開発課題に取り組みました。さらに、平成24年度から5年間は2期めの指定を受け、「主体的に課題解決に取り組む探求心や行動力の向上を図る教育プログラムの研究開発−進展する科学技術を担い、国際社会に貢献する創造的な人材の育成をめざして−」という研究開発課題に取り組んでいます。

S S H の講義

 本校理数科では, 1 年次から3 年次まで「SS課題研究 I 」・「SS課題研究 II 」を系統的に学習するほか, 「ヒューマンライフサイエンス」( 2 単位) などの本校独自の学校設定科目を学習します。
ここでは1 年生で受講する学校設定科目について説明します。 


(1) 「SS課題研究 I 」

 この講義は, 大学( おもに山口大学工学部) に通って, いろいろな分野の観察・実験を中心とした最先端の講義を受講します。2 年次の「SS課題研究 II 」では, 生徒それぞれが自分で学びたい分野を選択して, 大学の先生等の指導を受けながら課題研究を実施します。そして3 年次は, 課題研究の成果を研究発表会などで披露し, 研究紀要にまとめます。

(2) その他

 1 年次には国内研修旅行を実施します。また, 普通科・理数科に関係なく参加できる, 山口大学医学部での「先端医学体験学習」や宇部興産や山口東京理科大学での「先端科学体験学習」を実施します。


こんな人はぜひ理数科へ

(1) 理数系大学に進学したい!

 宇部高校理数科では, 山口大学をはじめ, 近隣の大学のいろいろな学部の先生の講義を受講したり, 直接大学の研究室で課題研究の指導を受けることができるので, 「将来理工系大学に進学した場合, どんな研究をするのか」や, 「大学生活はどんなものなのか」など体験することができます。また, 昨年度の国内研修旅行では, 九州大学総合研究博物館に行って講義を受け, 学内の見学をしました。このように, 理数系大学を志望する人にはまさにうってつけといえます。理数科セミナー山口東京理科大内図書館

(2) 国際性も身に付けたい!

 国際化が急速に進展する現在では, 国を越えて相手の立場を尊重しつつ, 自分の考えや意思を表現できるコミュニケーション能力が不可欠です。宇部高校理数科では, 総合的な学習の時間において, 山口大学の留学生による国際交流学習等を実施し, 将来, 国際的な場で活動する科学技術系人材の素養として必要な「国際性」を身に付けるための英語コミュニケーション能力等の育成を目指しています。