ヒューマンライフサイエンス特別授業(SSH)
山口県立大学看護栄養学部にて実施

  
 9月21日(木)ヒューマンライフサイエンスの特別授業が山口県立大学看護栄養学部で行われました。「体位変換時に起こる不思議〜圧迫とずれがもたらすメカニズムの解明〜」という題目で田中マキ子先生から講義と実習をしていただきました。
 最初に簡単な人の動きについての講義を受け、出された2つの課題に、6つのグループに分かれて、実習をしながら 取り組みました。課題は次の2つです。

   課題1 どんなマットレスに寝るとよいのか?
   課題2 ずれが起こった際、どのようなケアをするとよいのか?

  実習室には様々なベッドがあり、途中交代しながら実習をしました。また、ベッドから体にかかる体圧を測定できるベッドもあり、体圧の変化を見ることができ、大変興味深かったです。実習後、グループごとに課題についての研究結果を発表しました。。その後、先生の解説を受けました。どのような技術が有効なのか、科学的に説明を受け、人に対してサイエンスをどう生かすか考えさせられました。非常に意義深い講義でした。


 当日の様子