ホーム>>校長あいさつ
     
 校長挨拶(H31.4)
 

本年度、創立100周年を迎える本校は、「文武両道の学びの中で、『知・徳・体』を磨き、自信と誇りをもって社会に貢献できる人材の育成を図る」ことを学校教育目標に掲げており、生徒は、落ち着いた環境のもとで、学業はもちろんのこと、学校行事や部活動、校外活動などにも熱心に取り組んでいます。

学校教育目標の達成に向け、本年度は

1 第一希望の夢を実現させる学習指導、進路指導の充実

2 主体的に学び、他者と協働して課題に立ち向かう力の育成

3 探究科における取組の推進と情報発信

4 SSHの深化による探究力・基礎力・俯瞰力の向上

5 SGHによる成果の継承と活用

6 大学入試改革や新学習指導要領を見据えた教科指導の研究

の6点を重点目標に掲げ、質の高い教育活動を行っています。

本校はスーパーサイエンスハイスクール(第3期の3年目)として、大学や企業等と連携した魅力ある教育活動に全校で取り組む中で、「課題解決能力」、「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」等を育成するとともに、本年度、3学年が揃う探究科においては、高度で実践的な探究活動を展開しています。さらには、昨年度まで取り組んだスーパーグローバルハイスクールの成果を継承し、教育活動の中で活用していくこととしています。

また、主体的・対話的で深い学びをめざし、魅力ある授業を展開する中で、これからの時代に求められる「思考力・判断力・表現力」、「学びに向かう力・人間性」等の育成に取り組むとともに、課外授業や個別指導なども活用し、希望進路の実現に必要な学力の向上に組織的に取り組んでいます。

現在、我が国は人生100年時代の到来を迎えようとしており、また、急速な技術革新、グローバル化の進展など、子どもたちを取り巻く環境が大きく変化している中、学校教育目標に根ざす「不易」の部分を大切にするとともに、様々な変化に的確に対応できるよう、今後も、教育活動に「時代に先駆ける新たな展開」を積極的に組み入れ、充実させながら、地域に信頼され愛される学校づくりを推進してまいります。

生徒たちが自らの将来を見据え、第一希望の夢の実現に向けて充実した高校生活を送れるよう、教職員一同全力で努力してまいりますので、これまでと同様に、本校に対し温かい御支援・御協力をお願いいたします。

平成31年4月 校 長  西 村 和 彦 

平成30年度の校長あいさつはこちらへ